AIR-ほっとなるの特徴
こんな方におすすめ
よくある質問Q&A

雪国の寒さに負けない 省エネ床暖房

お子様にも安心の低温水式床暖房

国内にはあらゆるメーカーの床暖房製品がありますが、当社の床暖房「AIR-ほっとなる」は、暖房メーカー泣かせといわれる特別豪雪地帯(秋田県湯沢市)の厳しい冬に負けない床暖房を目指して、当社が地道に実験を重ね開発した「雪国生まれの省エネ床暖房」です。

広告宣伝は殆ど行っておりませんので「初めて名前を知った」という方もいらっしゃるとおもいますが、地元の工務店様には性能を高くご評価いただいており、秋田県内で既に1,000棟以上の住まいや施設に導入いただいている床暖房システムです。

寒くなく暑くもない、不思議な温熱空間。

当社の床暖房「AIR-ほっとなる」は、より低い温度のお湯で快適な室内空間をつくる事を目指して設計された「低温水式」床暖房システムです。独自に開発した特許構造によって、一般的な温水式床暖房よりも低い温度のお湯でお部屋全体を温めることができます。

寒くもなく暑くもない―。そんな高級ホテルのような「温度ストレスのない空間」は、最も理想とされる健やかで快適な温熱空間なのです。

「低温水式」床暖房のメリット

低温やけどにならない

ユニットを循環するお湯の温度以上に床面が熱くなることはありませんので、長時間床面に寝ていても、低温やけどの心配はいりません。

家具を置いても大丈夫

ソファーやタンスなど家具を置いても「低温水式」なら熱を持たないから安心。無垢フローリングにも施工が可能です。

省エネ

一般的な温水式床暖房よりも温度設定が低く済むので、経済的です。建物の断熱性能が高ければ高いほどランニングコストは安くなります。

熱源をえらばない

「AIR-ほっとなる」は、お湯さえ暖められるなら熱源を選びません。ヒートポンプ、室外機、ボイラー、太陽熱、薪ストーブから地熱まで。未来の熱源にも期待できますね。

全館暖房に向いている

「全館床暖房」は雪国にすむ人の憧れ…。低温水式ならあなたのその夢はかなり現実味を帯びてきます。冷え性でお悩みの方、エアコン嫌いな方には最適です。

補助暖房が必要ない

一般的な床暖房は「寒冷地では補助暖房(ストーブやエアコン等)が必要」とされていますが、「AIR-ほっとなる」は補助暖房をつけなくても雪国の部屋をしっかり温めます。

構造上のメリット

構造の特徴

厳選した熱伝導率の高い銅管とアルミを使用。経年劣化が発生する材質は使用しておりません。銅管を流れる湯温が内部の空気と構造体を均一にあたため、フロア温度が一定に保たれます。(特許第3852045号)

温まりやすく、低コスト。

「AIR-ほっとなる」は、電源を入れてからお部屋が暖まるまでの早さが違います。熱効率と経済性を追求し構造材を厳選。他社製品にはないシンプルな内部構造(特許第3852045号)で低コスト化を実現しております。

床鳴りせず、地震にも強い。

床暖房の長年の課題とされる「床鳴り問題」が、この製品では発生しません。これは内部構造に空間のゆとりがあるためで、揺れに強いのも特徴です。東日本大震災においても1棟も故障被害が発生しませんでした。

経年劣化に強い。

グラスウールや発泡剤のようにカビが発生したり経年劣化で変形するような材質を使用しておりませんので暖房効果が下がることもありませんし、カビやニオイの心配もありません。

2WAY Air-ほっとなる 設置イメージ

エアコン暖房の悩みを解消! 床暖房との併用で、健康で快適な冬を!

寒冷地エアコンだけでは寒い、乾燥するから嫌、音がうるさい、ホコリが舞うから嫌…そんな雪国のお悩みにお応えするのがこちらの【新製品】2WAY Air-ほっとなるです。

従来型のヒートポンプ熱源での床暖房ではなく、寒冷地エアコン用の室外機で低温水式床暖房を運転する新システムで、熱源機(ヒートポンプやボイラー)が不要なため、導入コストも大幅に削減でき、冬場の快適性も格段にアップします。おまかせ運転・タイマー運転もできますので、ご家族の好みに合った温熱空間調整が可能です。1台の室外機で、24畳程度まで温めることができます。

「全館暖房」なら従来の「Air-ほっとなる」がおすすめ

全館暖房または複数の部屋の暖房をご希望の場合は独立した熱源機を採用する従来式がおすすめです。熱源機は、ヒートポンプ(電気)、ボイラー(ガス・灯油)などが一般的ですが、お湯の温度を40℃前後まで温められるならば、熱源は選びません。また、施工面積が大きいほどお得になります。

開閉バルブや室内に設置するコントロールユニットにより、各部屋の暖房調整を行います。

「AIR-ほっとなる」が低温水でも温まる理由

雪国や寒冷地にお住まいの方なら、「夏より着込んでいるはずのになぜ20℃が寒いのだろう」と
疑問にお感じの事と思います。それは「足元に冷気が漂っているから」です。
足元の寒さは体感温度を下げ、体が温まりにくい状態を作ってしまいます。

「AIR-ほっとなる」は、冷気を封印するために他社とは異なる施工方法を行います。

ジャストフィット施工

既製製品の床暖房はパネル式のものが多く、設置面に「すき間」が生まれます。これでは冷気の逃げ道ができてしまい、寒さや不快感の元になります。また、人の足は温度に敏感なため、床暖房のない部分の温度が極端に冷たく感じてしまいます。
「AIR-ほっとなる」は、床暖房をすき間なく設置することが可能。冷気の侵入を防ぎ、床面の温度差をなくします。

窓の冷気と床暖房の熱効率

冷気の多くは「窓」から侵入します。パネル式床暖房では窓下にも「すき間」が生まれやすいため、窓からの冷気を室内に入れてしまいますが、ジャストフィット施工の「AIR-ほっとなる」なら、ふく射熱によって温度の壁をつくり窓からの冷気が床に落ちるのを食い止めます。結果として熱効率がアップし、低温水でもしっかり空間を暖めることができます。

補助暖房を必要としない

全国対応型の床暖房では、カタログに小さく「寒冷地では補助暖房(ストーブやエアコン等)が必要です」と書き添えられている場合がありますが、当社の工法では補助暖房なしに雪国の室内を快適に保つことができます。

保育園・病院・福祉施設にも選ばれています

「AIR-ほっとなる」は、県内でこれまで1000件以上の施工実績があり、
大変有り難いことにユーザー様からのご紹介もたくさんいただいております。
施工から20年以上経過した施設もありますが、故障も劣化なく現役で稼動しております。

メーカー自らが設計・施工する安心

「AIR-ほっとなる」は、私たち白光社が設計・施工・修理・点検まで、全て行うのが大きな特徴です。
それは、床暖房専門メーカーとしてお客様に「確かな品質」お届けするためです。

既製の床暖房製品では、施工業者が床暖房への知識が乏しかったり、
不具合が起きても、製品の問題なのか施工の問題なのか、責任の所在があいまいになりがちです。

「AIR-ほっとなる」は開発メーカーの当社が責任をもって設計・施工・修理・点検まで行いますので、
常にベストな品質でご使用になれます。

確かな施工

「Air-ほっとなる」は、メーカー自らが施工するから安心確実!

確かなサポート

「AIR-ほっとなる」は、私たち白光社が設計・施工・修理・点検まで、全て行うのが大きな特徴です。
それは、床暖房専門メーカーとしてお客様に「確かな品質」お届けするためです。

既製の床暖房製品では、施工業者が床暖房への知識が乏しかったり、
不具合が起きても、製品の問題なのか施工の問題なのか、責任の所在があいまいになりがちです。

「AIR-ほっとなる」は開発メーカーの当社が責任をもって設計・施工・修理・点検まで行いますので、
常にベストな品質でご使用になれます。

ご依頼から施工の流れ

新築の方もリフォームの方も、まずは当社へのご相談から

新築の場合は、間取りが確定してからの設計・お見積もりとなりますが、ビルダー様(設計士様)とのお打合せもありますので、お早めの段階でご相談ください。

ビルダーのご担当者様を介してご依頼いただいても結構ですが、
その後のお打合せ・設計・施工は当社技術者が全て担当させていただきます。

施工対応エリア
秋田県全域、岩手県(北上市、奥州市、盛岡市、一関市まで)、山形県(新庄市まで)

参考価格

「AIR-ほっとなる」は、施工面積が広いほどお得です。

AIR-ほっとなる 参考価格(材工一式)

◆ 20坪(40畳)の場合
1階LDK、寝室、洗面所、トイレ、廊下、玄関土間

税別130万円程度

◆ 7坪(14畳)の場合

1階LDKのみの施工

税別75万円程度

【ご注意】熱源の種類、位置、床暖房の種類によって価格が多少変わります。

2WAY AIR-ほっとなる 参考価格

◆ 9坪(18畳)場合
1階でも2階でも施工可能、室内外機込、寒冷地エアコン費用込

税別110万円程度

「AIR-ほっとなる」の開発について

床暖房ユニット「AIR-ほっとなる」は弊社の創業者 堀川俊雄による開発商品です。平成19年には社団法人発明協会様より発明奨励賞を頂きました。雪国秋田生まれの雪国のための床暖房としてこれからもお客様のお役に立てますよう開発に努めてまいります。

特許第3852045号 / 1998 US Copyright


TOPへ