当社の床暖房システム「AIR-ほっとなる」の技術を応用したヒートポンプ式融氷雪システムです。
熱源機には、当社も開発に協力させて頂いた三菱電機ヒートポンプユニット「MELSNOW」を採用しております。

白光社は 融氷雪システムも「低温水式」

当社では、床暖房システム「AIR-ほっとなる」の技術を応用し、
豪雪地帯の湯沢市において
わずか14℃の低温水で、積雪や氷を融かし続けることに成功しました。

ご存知の方もいるかとおもいますが、14℃といえば地下水と同じ温度です。
本当は地下水の無散水融雪(地下水ロードヒーティング)が一番良いのですが、
最近では地下水の引き込みのないご家庭がほとんどです。

このシステムでは、地下水と同じ程度の温度をヒートポンプで人工的につくりだし、
省電力で敷地の雪を融雪することを可能にしています。 

電気代にびくびくせずに、ロードヒーティングしたい方。
除雪が体力的にきつい方、敷地内の雪処理にお悩みの方に、おすすめです。

(地下水が既にあるご世帯は、地下水温度だけで融雪が可能です)

サーモグラフィによる融雪試験

表面温度8℃でもご覧のとおりしっかりと融雪できます。ボイラー式では熱しすぎてしまいこのような低温度状態は作れません。

降雪がなく雪が融けきればヒートポンプは自動停止します。
センサーが感知しON/OFFは自動で制御されます。

地表温度10℃。特別豪雪地帯湯沢市の降雪にも負けません。

熱源から離れた場所ですが表面温度は8℃。それでも融雪には充分な温度で路面が凍る事はありません。

ボイラー式融雪システムでは、お湯の温度は地表温度が20℃前後になってしまい、湯気が出るほど過剰に路面を熱してしまいます。ご覧のとおり、豪雪地であっても融雪に必要な温度は10℃程度でも充分です。ヒートポンプは消費電力を抑えられるだけでなく、こうした絶妙な温度設定ができるのも強みです。

耐久性・耐震性について

当社の融氷雪システムでは、ロードヒーティング部に金属ではない「架橋ポリエチレン」を使用した特殊なチューブを使用します。年数がたっても劣化・硬化・腐食が起こらないので安心です。耐久性にも優れており、地震などの強い揺れや、配送トラックなどによる大きな荷重にも耐えられます。東日本大震災も経験しておりますが、故障トラブルは1件もありません。

気になる電気代のお話

ヒートポンプ式熱源機は、消費電力の3~4倍のエネルギーを生み出すことができますので、電気ヒーター式(消費電力=エネルギー)に比べるてとても経済的です。

当社の低温水融氷雪システムなら、特別豪雪地帯の湯沢市で最も降雪量が多いとされる1月でも、ドライヤー1本程度の消費電力(1.5キロワット)でおよそ10坪の雪を融かすことができます。条件にもよりますが、1月の電気代は10坪で2万円程度で済みます。

大型タイプですと、ドライヤー2本程度の消費電力(3キロワット)で30坪の雪を融かす事ができます。条件にもよりますが、1月の電気代は3~4万円程度でした。

※湯沢市のお客様のご協力により実例の電気代をお伝えしております。
※融雪システムを選ぶ際は、真冬の最も悪い条件(1月・2月)での消費電力を比較して選びましょう。

参考価格

一般住宅からコンビニ様まで幅広くお選びいただいております。

◆ヒートポンプ方式の場合

ヒートポンプ方式 材工一式
※土間コンクリート工事別途

9坪(30㎡)程度

税別90万円

27坪(90㎡)程度

税別200万円

【ご注意】熱源の位置、施工方法によって価格が多少変わります。

◆ 地下水による無散水融雪の場合

地下水引き込み済みの敷地であれば、ヒートポンプを使わない「無散水融雪」が可能です。

無散水式融雪工事 材工一式
※土間コンクリート工事別途

27坪(90㎡)程度

税別90万円

まずはお気軽にご相談ください。

メーカー自らが設計・施工する安心

白光社は、設計・施工・修理・点検まで、全て自社で行うのが大きな特徴です。
それは、開発メーカーとしてお客様に「確かな品質」お届けするためです。

代理店施工の場合、施工業者が床暖房への知識が乏しかったり、
不具合が起きても、製品の問題なのか施工の問題なのか、責任の所在があいまいになりがちです。

白光社では開発メーカーの当社が責任をもって設計・施工・修理・点検まで行いますので、
常にベストな品質でご使用になれます。

ご依頼から施工の流れ

ご一緒に最適なプランを考えましょう!

ご予算、お悩み、ご希望に合わせて最適なプランをご提案いたします。
新築での設置をご検討の方は、お早めの段階でご相談くださいませ。

工務店のご担当者様を介してご依頼いただいても結構ですが、
その後のお打合せ・設計・施工は当社技術者が全て担当させていただきます。

施工対応エリア
秋田県全域、岩手県(北上市、奥州市、盛岡市、一関市まで)、山形県(新庄市まで)

ロードヒーティング・無散水融雪に関する
ご質問はお気軽にどうぞ

当社製品に関するご質問に限らず、ロードヒーティングのご質問はお気軽にご相談ください。

豪雪地域の皆様、お待たせしました!

ご年配の方、敷地に雪捨て場がない方に!

ご予算、お悩み、ご希望に合わせて最適なプランをご提案いたします。
新築での設置をご検討の方は、お早めの段階でご相談くださいませ。

工務店様からのお問い合わせもお受けしております。


TOPへ